Blog - ブログ Blog - ブログ

2019年10月06日(日)

【リノベーション事例】一人暮らしの母親と無理なく同居暮らしをはじめるリノベーション

母親と同居は無理だと思う前に…

戸建て住宅の同居リノベーション事例紹介

最新施工事例をアップしました!

今回ご紹介するのは、実家をリノベーションして二世帯で生活する事例です。
お母様が一人で生活しているため、将来を見据えてのリノベーションです。

元々は子世帯さんは建売住宅をご検討されていたようです。
なかなか条件に合う住まいが見つからず、時間ばかりが経過してしまいました。
お子さんが中学校へ進学するまでには、マイホームに住みたい!という気持ちもあり今回の計画がスタートしました。

元々のお部屋の感じは、このような和室が中心の2階建ての木造住宅でした。

 

母親との同居を考えはじめたら気をつけたい

夫婦で相談してある程度の方向性、覚悟ができるまでは、母親には相談しないほうが得策です。
なぜなら、母親に相談して話がどんどん進んだ場合に、ご主人や奥さんの意見が反映されずに同居生活をスタートしてしまうと、同居トラブルのもとになるからです。

事前に夫婦で話し合った際に、例えば食事の準備や洗濯など日々の家事についてや、くつろぎ方などお互いに同居生活での希望を、夫婦間で確認し合うことをオススメします。
「これはやめて欲しい」「ここは共有したくない」という部分が必ずあるはずです。
その後、母親と相談した際にも同じ内容の話しがあると思いますが、事前に夫婦で確認し合うことによって、スムーズに話し合いが進むと思います。

「屋根裏のロフトを作りましょう!」

家族が増えることは、楽しみなことです。
それと同時に、荷物も増えます。

今回は、建物の坪数が30坪弱。しかも子世帯の個室として計画する2階は6帖の和室が2部屋。
ご夫婦+長男+長女 というご家族構成。

子世帯さんの荷物はもう平面上ではどこにも収納するところがありません。
「納戸を作るくらいなら部屋を大きくしたい」
じゃ、屋根裏で!

今まで屋根裏だったところにロフトを作りました。

天井から折りたたみで降りてくるハシゴでは、使われなくなるのが関の山。そこで、昔の階段箪笥のように段々状に収納の箱を作って、そこで登り降りできるように工夫しました。

屋根裏ですから暑くならないように、断熱工事もしっかりやりました。

その甲斐もあり、夏場でもそこまで高温にはなりませんでした。

そしてロフトスペースはテトリス状態で荷物をおさめる事が出来ました。

子供部屋を2つに分けて欲しいです

現状6帖の和室をどうやって2つにするか?

同性のお子さんであれば「2段ベッドで…」というアイデアもありますが、それもできず…。
今回は、廊下からそれぞれ個別に部屋に入れるように、縦長の部屋のカタチにしました。
子供部屋の場合には、縦長形状もオススメです。なぜなら、ベッド+学習机をレイアウトするには、ちょうど良いからです。

詳しくは、以下のリンクからも見れますので、チェックしてくださいね。

 一人暮らしの母親と同居暮らしをはじめるリノベーション
https://www.lakke.co.jp/works/030
/

 

執筆者

「マスオさん建築士」
株式会社Lakke 金内浩之

一級建築士
木造住宅診断士
住宅ローンアドバイザー
ファイナンシャルプランナー
相続診断士(一般社団法人 相続診断協会認定)

友だち追加

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ