Blog - ブログ Blog - ブログ

2018年07月13日(金)

「新聞」はどこで読みますか?

今日は照明についての話です。

 

実は、以前トイレをリフォームしたお家で、

温かみのある色の照明器具で、

高級感のあるシックなインテリアで仕上げたお家があります。

 

しかし…

「これじゃ暗くて、見えにくいんだけど…」

と、ご指摘がありました。

現地を確認してみましたが、特に問題があるように思えません。

 

「なぜ…?」

 

と心のなかで呟きつつ

「これじゃぁ、ここで新聞が読めないんだよ」

とのこと。

今回のお客様はご年配の方で、毎朝トイレで新聞をチェックする習慣をお持ちでした。

「おっしゃる通り、見えにくいです。」

と、早々に器具を交換しコト無きを得ました。

 

”しっとりと”落ち着いたお部屋のイメージか、

それとも

”パッ”と明るいお部屋なのか?

「赤っぽい光」もしくは「白っぽい光」

あなたはどちらがお好みですか?

 

統計をとったわけではありませんが、

私の今までの経験でいきますと、

若い方ほど「前者」の落ち着いた色合いを好む傾向があります。

 

ちなみに照明の電気の色って、選べるのご存知ですか?

一般的な呼び名で、「電球色」「昼白色」などがありますよね。

 

実はイメージだけでなく、それぞれの用途に適した色合いがあります。

「電球色」:料理が美味しく見える、暖かい、くつろげる などなど…

「昼白色」:新聞など字がハッキリ見える、モノの色が正しく見える、活動的になる などなど…

 

それぞれ、メリットが違います。

さぁ、あなたはどちらを選びますか?

 

特にシニア世代とお住まいになる方は、

ぜひ、トイレで新聞を読むかについても、

聞いてみてくださいね!

 

PS

最近では、LED照明でどっちの色も出せる器具が出てますので、

決めかねている方はそちらもチェックです!

 

【LINEもチェック!】

最新施工事例、イベント情報など、コチラもチェック!

↓LINEの登録QRコード

登録お待ちしてます!
友だち追加

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ