Blog - ブログ Blog - ブログ

2018年11月15日(木)

【二世帯ヒント】生活音の防ぎ方 ドア編

マスオさん建築士の実体験からのアドバイス

 

建てた後でもドアに防音の工夫ができる

「薄いドアでも、外からの音を防げるといいんだけど・・・」

 

二世帯での同居をしてみると、生活で生じるさまざまな音が気になりますよね。マスオの私も親世帯から聞こえる、「バターン」というドアを閉める音や、「ぱたぱた」と聞こえるスリッパの足音などが、気になることがあります。  

今回は妻のたっての希望で、自分たちの部屋のドアに手作りの防音対策を施してみました。家を建てた後でも簡単にできる方法ですので、ぜひお試しください。

 

生活音を防ぐポイントは二つ

1.音が聞こえないようにする

音の発生源から部屋の中へ、音が入らないように対策を行います。例えば、防音性の高いドアや壁、床にかえるのがこれにあたります。

2.音を発生させないようにする

そもそも、騒音が出ないようにすることです。該当部分に消音クッションを設けたり、使う人が配慮することでも低減されます。

 

ドアの防音に使用したもの

今回は私たちの寝室のドアに、下記の2つの部材を設置しました。
・ドア枠の隙間を埋める緩衝材
「隙間テープ、D型」で検索可能
・ドア下を塞ぐテープ
「ドア下部、シールテープ」で検索可能


Amazonで合計3,000円程度で購入

 

手順1 内側の戸あたりを外す

ドア枠の内側に「戸あたり」と呼ばれる出っ張った木枠があります。実はこれ、手で簡単に取り外せます。
コツは上の方から少しづつ外していくこと。結構、簡単に外れるので試してみてください。

 

手順2 戸あたりのゴムを取り除く

あらかじめ戸あたりにクッション材がついている場合は、思い切ってカットし取ってしまいます。
ダブルでつけた方がいいように思えますが、隙間があると効果も半減です。

 
ドアには先日のブログ(郵便物の仕分けのポイント)でご紹介した手作りポストが!

 

うまく取れない場合には、カッターで滑らせるようにすると意外にも簡単に切れていきます。
密閉性が重要になりますので、凹凸をなくすことがポイントです。

 

手順3 緩衝材を貼る

スッキリしたところで、手配した緩衝材を貼っていきます。
すでに製品に両面テープがついていますので、まっすぐになるように貼っていくだけで大丈夫です。

ポイントは、先端を少しはみ出させることです。寸足らずで隙間が空いてしまうと、そこから音が入ってしまいます。
他は細かいことは
気にせず、ドンドン貼っていきましょう。

 

手順4 完成したパーツを元に戻す

こんな感じで、緩衝材を貼り終わりました。端の部分もハサミでカットして揃えました。

 

手順5 扉の下にも配慮を

仕上げとして、扉の下にもドア下用のテープを貼ります。
といっても枠があるわけではないので、扉本体に直接貼っていきます。

アッという間に完成です。
扉が閉まった状態はこんな感じになりました。

 

注意点

最近の住宅は「24時間換気」といって、常に家の中の空気が循環するように設計されています。部屋から入った空気はドアの下を通り、廊下や階段を流れ、トイレやお風呂の換気扇から抜けていきます。

このため、空気の経路になっているドアの下には隙間(アンダーカット)があります。最近の住宅では、ドア下用テープを貼ると空気がうまく循環しなくなるので、換気を重視する場合はご注意ください。ちなみに私の家は
その仕組みができる前の建物でしたので、ドア下テープを貼っても問題ありませんでした。

 

自作遮音の効果

まず、人の気配がする音がかなり減りました。今までは扉の向こうで何をしているか、物音で認識できましたが、今回の遮音対策をすることで遠くで音がする程度になっています。

余った材料で洗面所の扉にも緩衝材を設置してみたところ、扉を閉める時の「バタン!」という開閉音が「パスっ」という静かな音になりました。

「建具を防音ドアにしないとダメかな?」
と当初は考えたりしましたが、個人的にはこれで問題ありません。建築士の立場から考えても、こんな安価でこれだけの効果があるのなら、充分皆さんにもオススメできる方法だと思います。

 

最後に、防音対策のポイントをもう一度おさらいすると

1.音が聞こえないようにする
2.音を発生させないようにする

をそれぞれクリアすることです。

この結果、私たちもグッスリと朝寝ができるようになり、ウチの妻も大満足のドアの防音対策になりました。

 

執筆者

「マスオさん建築士」
株式会社Lakke 金内浩之

一級建築士
木造住宅診断士
住宅ローンアドバイザー
ファイナンシャルプランナー

友だち追加

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ