Blog - ブログ Blog - ブログ

2018年07月05日(木)

買えば買うほど高くなる?

「たくさん買うほど、割高になるものって なーんだ?」

 

今回は二世帯住宅にまつわるお金の話。

「電気代」にスポットをあてたいと思います。

 

電気代の使用量あたりの単価を気にしたことってありますか?

一般的に何かモノを購入する時って、

たくさん買うほど安くなるイメージですよね。

例えば、洋服のバーゲンでも「2着目は半額!」など。

 

二世帯住宅の場合は、住む人も多いので割引してくれても良さそうです。

でも、実は違います・・・。

電気代は、使えば使うほど割高なります!

 

「えっ! 同じ単価でもないの?」

 

はい、そうなんです。

使うほどに、単価が高くなる仕組みです。

 

「じゃぁ、どうしたらいいの?」

 

はい、お答えします。

一般的なお宅より電気をたくさん使用するような二世帯住宅の場合には、

電気メーターを世帯ごとに分けることをオススメします。

 

メーターを分ける場合の間取りの基準が東京電力で決まっているのですが、

二世帯住宅のカタチであれば、基本的に可能です。

(家の中の配線方法によります)

 

基本料金を二世帯分払う必要がありますが、

それよりも、自分たち世帯が使った分だけ請求がきて

それを支払う。

 

こうすることで、納得できることもあると思います。

 

えっ、ウチですか? メーター分けてます!

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ