Blog - ブログ Blog - ブログ

2018年07月23日(月)

「決めないと、あとで困りますよ。」

今回のテーマは、同居住宅の場合の「光熱費の負担割合」についてです。

これらも「同居する前に決めておくべきこと」の一つです。

 

なぜって?

それは…一度決まったら、なかなか変えにくいからです。

「銀行の繰り上げ返済」とはワケが違います。

こっちの方は、銀行へ行けば良いだけですからね。

 

ちなみに、二世帯住宅でも色々な間取りがあります。

間取りが完全に分離している場合には、それぞれが負担するので特に問題にはならないと思います。

が、同居住宅の場合には共用部分が少なからずあります。

水道、電気、ガスに始まり、ネットやTVなど合計すると結構な金額になりますよね。

 

これらの負担について、同居生活を始めてから「やっぱり、お父さんに負担してもらおう…」と思っても、なかなか切り出しにくいものです。

 

こういったお金の話は、同居前に両世帯で話し合って決めることで、後々トラブルが少なくなると一般的には言われています。

私も数多くの二世帯住宅のご家族を見てきましたが、その通りだと思います。

ですので、私もお客様と打ち合わせをする中で、そのあたりのところは相談しにくいでしょうから、第三者として助け船をだして、円滑にお話が進むようにしてます。

 

ポイントは、「同居前」です。

先延ばしにすると、いずれ不満がたまってしまいます。

 

我が家のケースですか?

「マスオさん」の立場を生かして、食費+光熱費のコミコミで、毎月定額でお願いしてます(笑

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ