Blog - ブログ Blog - ブログ

2018年07月12日(木)

日本の知恵「すだれ」

「もぁ〜っと暑い、暑すぎる…」

 

毎日、日差しが強烈ですね。

家に帰ってきたときは 「もぁ〜」っと、

なんとも言えない空気が部屋に立ちこめます。

最近の家は「高気密・高断熱」の家が多いので特にそう感じますよね。

 

実はそうなんです、一度熱が家の中に入るとその熱も閉じ込めてしまいます。

だから余計に暑く感じてしまう。

 

そこで家の中に、熱を入れない工夫が必要です。

と言っても大げさなものではなく なんと!1000円程度から可能です。

 

それは、「すだれ」です。

これなら簡単に太陽の熱を遮断可能です!

ブラインドやカーテンも有効ですが、あくまで室内側で日差しをカットするので、

熱はお部屋に入り込んでしまいます。

 

せっかくなので…

すだれ「簾」の起源を簡単に調べてみました。

古くは、中国の時代に遡るらしいのですが、そもそも家の入り口に、その境として掛けた(垂らした)らしいです。

つまり、家=「巣」 の入り口に「垂らす」 で 「すだれ」

と言われているようです。

【すだれ資料館参照】

 

なるほど! そもそもは玄関の暖簾の様な役目だったのがはじまりの様です。

昔の人の知恵は素晴らしいですね!

 

とは言っても、最終的に現代人が頼りにしているものは「エアコン」ですよね…

最近の機械は、あまり負荷を掛けず「ゆるーく」動かし続けるのが省エネの秘訣みたいです。

 

ちなみに、冒頭の写真の「オーニングテント」の伸縮は

義理の父が毎日せっせとキコキコやってくれています…

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ