Blog - ブログ Blog - ブログ

2018年07月17日(火)

「よし! 分離型の二世帯住宅を建てよう!」メイキング編 その3

「スケルトン階段って、こんな値段するんですね!」

 

さぁ、だいぶ家らしくなってきました。

とある打ち合わせにて、

「よりもっと、開放的なリビングにはできますか?」

というお施主さんの希望が…

 

今回の間取りは、1階は親世帯スペースのため、2階がメインスペースとなります。

しかも東京都内の北側斜線制限が一番厳しい地域です。

さらに、二世帯住宅の間取りに必要なプライバシーを守るために、「独立」した空間とする必要があります。

そこで、2階のリビングに光を入れるために工夫が必要です。

 

建築士である私(別名:設計屋)「じゃぁ、階段の壁をなるべく作らずに光がより差し込むようにしましょう!」

 

実は…

巷の「スケルトン階段」を設置すれば解決!なんですが、結構コストがかかります。

ちなみにこんな階段です。

 

自動車一台分ぐらいの差額が出てしまうシロモノです。

コストと要望のバランス感覚が必要です…

 

「そうだ! 既製品をできるだけ生かし、こうしよう!」

ということで今回は、

「箱型階段」と言われる普通の階段をベースに考えた形がコレ!です。

「上の窓から、より光がグッと差し込みますね!」

 

「コレにすることで軽自動車一台分ぐらいのコストダウンです!」

ここから、さらに”ひとひねり”

 

印象的な空間を目指しアクセントとして、

鉄骨で柵をこんな感じで設置しました。

ロフト空間も合わせてます。

 

 

「うわぁー! とても明るくて最高です!」

ナチュラルな木目に漆黒のフレームがアクセントになってます。

このようにして、スペースをうまく確保しながら開放的なお家となりました。

各場面で色々な職人さんが関わり素敵なお家が完成しました!

(完)

 

 

 「マスオさん建築士が語る”次世代同居のいろは“」blogからどうぞ

→@lakkejapan

https://www.lakke.co.jp/blog/

登録お待ちしてます!

友だち追加

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ