Blog - ブログ Blog - ブログ

2019年07月01日(月)

【リノベーション事例】ウッドデッキでガーデニング

ウッドデッキで外にもお部屋いかがですか?

 

施工事例紹介

物干しスペースだけではもったいない!

今回ご紹介するのは、外部に設置したウッドデッキです。
もともとコンクリートで作られた土間だったスペースの施工事例です。

「お部屋が広く感じるためには、どうしたらいいでしょう?」

室内だけではなく、視線が自然と外に向くように外部も同じように作ると広く感じます。
これは視線の距離が長いほうが、より空間も広く感じるためです。

コチラが施工後の写真です。

AFTER

今回使用した材料の木の種類はヒノキ。
そのままでは腐ってしまうので、「キシラデコール」という油性の塗料で保護します。
でも、ノーメンテナンスというわけにはいかないので、2〜3年に一度は上から塗り直す必要があります。
巷には、樹脂と木材を混ぜたメンテフリーのデッキ材もありますが、風合いとしては無垢材に勝るものはないと思います。
ウリン材やセランガンバツ材というような、鉄のように硬くて腐りにくい木材もあります。
お好み次第ではありますが、お子さんが裸足でかけっこしたくなるようなら、足ざわりの柔らかいヒノキ材がオススメかなと思います。

ガーデニングスペースやBBQだけでなく、ちょっとしたイスを置いて夕涼みなど楽しみたいですね。

 

執筆者

「マスオさん建築士」
株式会社Lakke 金内浩之

一級建築士
木造住宅診断士
住宅ローンアドバイザー
ファイナンシャルプランナー

友だち追加

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ