Blog - ブログ Blog - ブログ

2019年08月17日(土)

【家づくりメイキング】図面がない古い家はどうする?

【家づくりメイキング】図面がない古い家はどうする

 

工事完成までの道のり

今回ご紹介するのは、実家の隣に住む、子育て世代から依頼を受けたリノベーションです。

ご依頼のお施主さんからお話を伺いますと、

「ALCの鉄骨住宅なんですが、階段って動かせますか?」

なんでも階段が急なのと廊下が狭いのが不満のようです。
確かに、玄関が狭く階段も急です。
小学生低学年の元気なお子さんだと、カーペットの階段はちょっと危ないかもですね。

「あと、収納が足りなくて和室が納戸になってしまっているんですよ…。だから、妻だけリビングで布団で寝ています。」
とのこと。

それはまた…。でも確かに荷物が…。

「収納スペースががなくて困ってるんです…。」
和室そのものは、竹やらんま等で作り込まれているものの、せっかくの部屋が収納部屋となっています。
「これはなんとかしないといけませんね。」

3Fのリビングでお話を伺っていたのですが、お部屋のインテリアとしてはおしゃれな感じ。そこのお部屋は数年前にリフォームしたらしいです。どうやらDIYが好きで、自分でも色々と日曜大工的に作るのがお好きなようです。
※見た感じほぼ、日曜大工の域を超えてます…。

「実は、建具を作ったんで、それを取り入れて欲しいんですよ。」

おっ、初めてお客さんよりこんなご依頼を受けました。
「建具(部屋のドア)ってDIYで作るもんなんですね!(笑」

この一言で、職人魂が燃えてきました。
お客さんと一緒に作り上げてこそ、Lakkeらしい家なのだ!ということで、

「DIYで作ったものを取り入れながら、現場の職人も交えて、良いモノを作っていきましょう!」
と、今回のプロジェクトが始まりました…。

「お施主さんからの希望」リストはこんな感じ

1.階段を登りやすくしてほしい
2.和室が納戸のように雑多な空間になっているのをなんとかしたい
3.家族全員がベッドでゆっくりと休めるような空間にしたい
4.趣味のDIYで、今後も手を加えられるような住まいにしたい
5.道路側の外観を整えてほしい
6.隣の実家に行きやすいように、通路を考えてほしい

間取りの打ち合わせスタート

お子さんにもリフォーム工事に主体的に参加して欲しいので、レゴブロックで遊びながら子供部屋のレイアウトを確認しました。

「わたし、ここで勉強する!」
と、設計図面ではイメージしにくいものの、ブロックなら直感的にイメージがわきますよね。
将来、「この部屋、わたしが考えたんだ!」って思ってもらえると嬉しいです。

「ねぇねぇ、いつお家できるの?」
早く図面を仕上げねば…(汗

既存の建物図面がない…

工事をスタートする前に、建築士としてやらねばならないことがあります。
それは、図面を作るための調査です。
新築工事であれば、ゼロからのスタートですので計算が立ちます。
しかし、このようなリフォーム工事では資料がないケースもよくあります。
そこで、実測しながら今の建物の図面を作ります。
そうしないと、何が問題になっているかがわからず、結果どうしたら良いかもわかりません。
体の不調で病院に行った場合に、まずは健康状態を確認する作業と同じようなイメージです。

今回の建物は3階に水回りがあるため、設備の配管が外部にかなりありました。
そこを一つずつ確認し、どうやったらうまくできるかを、さながらパズルのように紐解いていきます。
壁の中は見えないので、場合によって推測(経験)で予測しながら進めることもあります。

工事スタート!

まずは、解体工事から。
生かすものと壊すものを確認しながらの作業になりますので、一番神経を使います。
現地では、職人さんと打ち合わせしながら進めます。

解体時のポイント

1.構造安全上問題がないか
2.残すものが傷にならないか
3.仕上がりに影響は出ないか
4.予定通りの寸法が確保できるか

などを確認しながら進めます。
そして、スケルトン状態まできました。
部屋の内装を撤去し、構造の骨組みがあらわになっています。

床がたわむ!

今回は、床がALCコンクリートでした。
床を支えるスパン(梁同士の距離)が長いため、一枚あたりの長さも長く、その分たわんでいることが判明!
これは、壊してみないとわからない現象でした。このままでは、床が上下に動いてしまうため、ALC同士をつなぐ補強を合わせて行いました。

「うちの家の中が寒いんです! 断熱工事もお願いしますね。」

もちろんです。昔の家は何も断熱材が入ってないことも多いです。
合わせて断熱材を入れていきます。

「もう少し階段が登りやすくなりませんか?」

現地で打ち合わせを進めていくと、階段の曲がりの部分で改良ができそうなことが判明!
仮で作った階段をベースに、考えうる階段の登り方を「あーでもない、こーでもない」と職人、お施主さんも交えて現地で追及しました。

その甲斐もあり、できた階段がこちらです。

お施主さん自作の建具を入れました!

ちなみに、お施主さん自ら制作の建具ですが、ビフォー写真はコチラです。

それが、コチラのように生まれ変わりました!


天井に見える木材は実は、和室にあった柱です。
昔の思い出を将来に残すアイデアです。

「これじゃぁ、蛇口がつかないよ!」

今回、工事中にこんなトラブルがありました。
お施主さん支給の蛇口が、配管に合わない問題が出ました。


蛇口と壁の配管をつなぐホースが同梱されておらず、このままでは接続できません。
水道屋さん曰く「輸入モノは、特殊なんだよねー」とのこと。
ということで、amazonの代理店へメールで問い合わせをしてホースを注文。
お施主さん支給品の場合には、このような配管等がポイントになりますので注意が必要です。

でもその分、完成した時の喜びは倍増です!

実は、これらのパーツもお施主様支給品です。
ボールのカウンターはDIYですので驚きです!

トイレの中も、ビフォー写真はコチラです。

それが、このようにオシャレにできました。
 

 

外からの見た目を家らしくしてほしい!

現状の建物の外観は、家というよりは倉庫に近い外観でした。
以前は1Fでお店があり、建物もALCコンクリートだったせいか、ビルに近い形をしています。

「玄関どこですかー?」

っていうお客さんもいるようです。
確かに、自分も最初はわかりませんでした…。

実は、この通路を奥に行ったところに玄関があります…。
不審者に思われそうで、訪問に勇気が必要です。
そしてシャッターの中には、バイクや道具類が所狭しと並んでいます。

補足ですが、天井の鉄骨の水平ブレースがたるんでいました。
これでは、地震に対してほぼ抵抗できません。
そこでより強度のある鉄骨に溶接で付け替えます。

今回は、青いシャッターを全て撤去し、玄関を道路側に新設します!
思い切って、中もアメリカンな感じで見せちゃいましょう。

 

その効果もあり、建物の見た目も家らしくなりました。

子供部屋については、以前和室だったスペースをリノベーションしました。


工事前はこんな感じです、窓サッシはそのまま生かしました。

それが、コチラ

寝室も、以前はお子さんとご主人しかスペースがなく、奥さんはリビングで寝ていました。

収納を改善し、ご夫婦で一緒に使えるようになりました。

隣接した位置にウォークインウォークインクローゼットを設置

 

完成した今では、ご家族それぞれのお部屋が完成し、ベッドでゆっくり休めるようになりました。
お施主さんご自身としては、「子供部屋の美しさがとくにすごい!」と喜んでいただきました。
これこそ、リフォームの醍醐味ですね。

詳しい写真はworksページに掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

「二世帯で近居」祖父の住まいをリノベーション 
https://www.lakke.co.jp/works/028/

 

執筆者

「マスオさん建築士」
株式会社Lakke 金内浩之

一級建築士
木造住宅診断士
住宅ローンアドバイザー
ファイナンシャルプランナー
相続診断士(一般社団法人 相続診断協会認定)

友だち追加

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ