Blog - ブログ Blog - ブログ

2018年07月07日(土)

「離れ」感覚の同居住宅へリノベーション! メイキング編その2

前編のつづき

「このままだと、家が潰れるよ…」

 

かくして、リノベーションスタートしました。

木造の柱 梁が見えるところまで、まずは解体です。

この土台が長年 この家の床を支えてきたんだ、

当時の生活に思いをはせると共に

建築時の大工さんの仕事に敬意を表します。

ここを建てた大工さん お施主さん達は 当時どんな想いだったのでしょうね。

 

今回のコンセプトでもある、大人5人が快適に楽しく同居生活をする! にむけて間取りをチェンジします。

 

そんな中、チョットした事件が…

「この柱 抜いたら家が崩れるよ!」

 

えっ!

 

そうなんです、リフォームの場合は、解体して始めて全容がわかるので、柱の移動などその場の判断に、神経を使います。

 

「この柱を抜いたら 二階からの重さがコッチに流れて…。」

「では、この梁はコッチの柱とつないでくださいー」

 

という感じで、実際の骨組みを確認しながら進めていきます。

今回も、大工さん達と相談しながら使いやすい間取りと構造の安全を両立できるベストの案を探りながら進めていきます。

 

合わせて、断熱材もしっかりと入れておきましょう。

 

このあとは内装工事〜仕上げ工事と続きます。

つづく

この記事が気に入ったらいいね!
Lakkeの最新記事をお届けします
  • 記事一覧へ